ニキビへの効果は?ベピオゲルの効果と口コミ

■ベピオゲルとディフェリンゲルの違いは?

  • ピーリング効果があるという点ではどちらも同じ
  • ベピオゲルは抗菌作用があるので、他に抗菌の外用薬を塗る必要がない
  • ピーリング作用だけなら、ディフェリンゲルの方の効果が強い

ニキビ治療で画期的な薬が、ベピオゲルとディフェリンゲルです。
これらは海外では早くから使われていたのですが、
日本国内ではなかなか保険適用内の薬となりませんでした。

現在、ディフェリンゲルは2008年から、
ベピオゲルは2015年から保険適用内の薬となっています。
この二つの違いはどこにあるのでしょうか。

二つとも、ピーリング効果があるという点では変わりがありません。
ピーリングと言うとケミカルピーリングを想像する方もいるでしょう。

実際に、肌の古い角質を剥がす役割をしているので、
ケミカルピーリングを行っているようなイメージでしょうか。

主な効果は変わりがありませんが、ニキビ治療により有効なのは、
ベピオゲルであると言われています。
その理由は、抗菌作用があるからです。

ベピオゲルは、ベピオゲルそのものに抗菌作用があります。
つまり、ニキビを作っているアクネ菌を殺すための抗生物質を、
他の外用薬で補う必要がないということです。

ディフェリンゲルは抗菌の作用はありません。
ただし、ピーリングの効果だけに注目すると、
ディフェリンゲルの方が効果が高いようです。

■ディフェリンゲルが合わなかったけど・・・・

  • ディフェリンゲルはかなり副作用が強いので、使っている以上は副作用が出る薬
  • ベピオゲルは副作用はあるが、ディフェリンゲルより少ないと言われている
  • ディフェリンゲルを使うなら、副作用を我慢する必要がある

ディフェリンゲルが肌に合わないと辞めてしまう人は多いようです。
実際にその副作用は強く、肌がぽろぽろと剥がれてしまったり、
赤くなったりとしばらくは辛い状態が続きます。

二週間くらいがピークで副作用が出てしまい、それ以降は収まっていきますが、
その二週間くらいでやめてしまう人も少なくありません。

本当に肌に合わない人は、
二週間以降も副作用がひどくなるばかりであるということもあります。
ディフェリンゲルは副作用が出てこそ、効果のある薬ではあります。

ベピオゲルは、このディフェリンゲルに比べると、副作用は少ないと言われていますね。
赤くなったり痒みが出たりすることもありますが、
ディフェリンゲルに比べるとピーリング効果が低いので、副作用も小さいようです。

ディフェリンゲルの場合は、副作用が出る確率はかなり高くなります。
もし、ディフェリンゲルで治療をするのなら、
副作用は必ず出るものだと思った方が良いでしょう。

肌が敏感な人は、ベピオゲルの方が良いかもしれませんね。

■そもそも、ベピオゲルはどのような作用を持っているの?

  • ベピオゲルに含まれているのは過酸化ベンゾイルという成分
  • 過酸化ベンゾイルは、肌に触れると空気を発する
  • アクネ菌は空気が大嫌いなので、結果的にベアクネ菌に抗菌作用となって働く

それでは、ベピオゲルを見てみることにしましょう。
ベピオゲルに含まれている成分は、過酸化ベンゾイルと言われるものです。

これは、ピーリング効果だけではなく、抗菌作用を持っています。
肌に触れると空気を発するのですが、これがアクネ菌に作用するのです。

アクネ菌は空気を嫌っています。
そのために、肌の奥深くに潜っているのです。

過酸化ベンゾイルは、アクネ菌に空気を触れさせることで、抗菌を行うのですね。

■ベピオゲルを使う際にはどのようなことに注意すれば良いの?

  • 日焼けに弱くなってしまうので、しっかりと日焼け対策をする必要がある
  • 脱色効果があるので、枕カバーや寝具は脱色しても良いものを利用することにして
  • 副作用は少ないが、出ないわけではないということを頭に置いておく

ベピオゲルを使う際には注意も必要です。
まず、使っている間は日焼けに弱くなることを覚えておきましょう。

普段から、しっかりと潤いを与え、そして紫外線対策をするのです。
また、過酸化ベンゾイルは脱色作用もあります。

顔につけて寝ると、枕カバーや寝具が脱色してしまう可能性が大きくなります。
脱色しても良いものを使うようにしてください。

最後に、副作用はディフェリンゲルに比べて少ないだけで、
全くのゼロというわけではないことも覚えておく必要がありますね。

■ずっとダラシンを使っていたら聞かなくなった気がする。

  • ダラシンは外用薬だが、長期間使っていると効果がなくなる
  • ダラシンは抗生物質なので、性質は飲み薬の抗生剤の場合と一緒
  • 効果がなくなってしまうのは、耐性菌ができてしまうから

炎症部分に塗る薬として、ダラシンを利用している人も少なくありません。
特に、ディフェリンゲルを使っている人は、
ダラシンと併用している人もいるのではないでしょうか。

ですが、このダラシンを長く使っていると、効果が薄れてきたように感じることがあります。
この理由は簡単で、ダラシンは抗生剤なのです。
ダラシンは毛穴で増えている菌に作用する薬です。

抗生物質と言うと外用薬を想像しがちですが、
塗るタイプの抗生剤がダラシンなのです。

ディフェリンゲルは抗菌効果がありませんから、
ダラシンを抗生剤として使って、ピーリングをするためにディフェリンゲルを使うのですね。

ですが、抗生物質なら長く使っていると効果はなくなります。
これは飲み薬と一緒で、長期間の使用で耐性菌ができてしまうのです。

抗生剤に対する抗体を菌が持ってしまうと、
抗生剤を付けていても意味がなくなります。
これがダラシンを長期間使っていると効果がなくなってしまう理由です。

■外用薬も抗生剤、長期使用するデメリットとは?

  • 外用薬でも抗生剤であるなら、長期間の使用で耐性菌ができてしまう
  • 耐性菌ができると効果がなくなってしまうので、そもそも使っている意味がない
  • 外用薬ならリバウンド効果はないが、内用薬も一緒に使っているなら注意が必要

上述の通り、長期間使用するデメリットとしては耐性菌ができてしまうことです。
耐性菌は、抗生物質の効果がなくなってしまった菌のことです。

長期間の抗生物質の使用、
もしくは自己判断で途中で薬の使用をやめた時に起こります。

耐性菌ができてしまうと、今まで効果のあった抗生物質も意味がなくなってしまいます。
長期間使っているデメリットは、何よりもこの耐性菌が挙げられます。

もう一つには、リバウンド効果が挙げられます。
ダラシンは外用薬なので、このリバウンド効果は少ないでしょう。

リバウンド効果は、長期間使用している抗生物質をやめると、
急にニキビが増えてしまう現象のことを言います。

ダラシン自体では起こりにくい現象ですが、
飲み薬で持抗生剤を使っている方はリバウンドしてしまう可能性もあります。
抗生剤をやめる時期には注意が必要だということですね。

■ベピオゲルには耐性菌ができないのか?

  • ベピオゲルには耐性菌ができないので、長期で使用していても安心
  • ベピオゲルは抗菌作用があるだけで、抗生物質とは違う
  • 効果がなくなるということがない点が抗生物質とは違う点

耐性菌ができると、抗生剤は意味がなくなってしまいます。
ですが、ベピオゲルならその心配はありません。
ベピオゲルは抗生剤ではないからです。

もちろん、抗菌効果はありますが、これは抗生物質とは違う作用です。
ベピオゲルに含まれている過酸化ベンゾイルは、
空気を発することでアクネ菌に対して抗菌作用を発します。

これは、
菌の細胞壁やたんぱく質に作用する抗生物質とは違うメカニズムなので、耐性菌はできません。

そのため、ベピオゲルなら、長期使用していても効果がなくなるということないですね。
また、他の菌も死滅させてしまうようなことはありません。

空気を嫌うアクネ菌にダイレクトに作用しますから、
身体の中の細菌のバランスが崩れてしまうようなことがないのです。
抗菌作用がありながらも、他の抗生物質よりも優秀なところがあるのですね。

■ベピオゲルは病院で処方してもらうことができるの?

  • ベピオゲルは2015年4月から保険適用内になった
  • 皮膚科などで処方してもらうことができるので、病院で相談して見ると良い
  • 海外で作られたニキビ用の商品には過酸化ベンゾイルが含まれているものもある

ベピオゲルは、2015年4月までは保険適用外でした。
日本では買うことができなかったのです。

ですが、4月からは保険適用内となりましたので、高価ではなくなりました。
興味のある方は、皮膚科で相談して見ることにすると良いでしょう。

もちろん、個人で輸入して使うこともできます。
過酸化ベンゾイルの含まれている化粧品なら、
ベピオゲルとほぼ同じ作用を持っていますよ。


生理前後の大人ニキビがずっとならない!

治ってもすぐに再発してしまう!

ニキビがいつもきになってお肌のすべすべ感はどこに・・



大人ニキビの根本原因に対処することが大切です。


女性ホルモンが乱れる★

→肌のターンオーバーも乱れる

→肌の水分量と皮脂量のバランスが乱れていく

→毛穴が詰まりやすくなりニキビができてしまう。


女性ホルモンが乱れる★

ここをなんとかしないといけません。

そこで見つけたのがこのラ・ミューテ化粧品です。

>>女性ホルモンのバランス着目したニキビ対策




女性ホルモンに着目して根本から肌の調子を整えます。

最初はお値段にびっくりしました。

高すぎでしょ・・

と思ったのですが、180日(半年間)返金保証があるので

買ってみました。

1.5ヶ月分と書いていますが、実際は2ヶ月程度持たすことができました。


お高いのでいままで色々な大人ニキビ対策をしてきたけど中々完治しない人

以外はおすすめできません。


ですが、返金保証があるので試したみたいなと思ったら少しだけお小遣いを削って

ぜひ一度だけ試してみると後悔しないと思いますよ。

(私がそうだったので・・)