全体的に頬が赤いのが気になってしまう。ニキビを隠す方法は?

■ニキビが繰り返しに全体的に頬が赤い。原因は?

  • ニキビが炎症しているせいで肌が赤く見えてしまっている
  • ニキビが治った後も、肌の奥では炎症が続いているので肌が赤い
  • ニキビの痕が色素沈着してしまって、赤みが消えない状態になっている

ニキビ肌の方は、全体的に頬が赤くなってしまうことが多いですね。
この原因はもちろん、ニキビなのですが、
ニキビが収まった後も赤みが残ってしまっていることはありませんか?

ニキビができている間は、赤く盛り上がっている部分があり、
明らかにニキビだと分かりますね。

ニキビが治った後も赤みが残っている場合には、二つの原因が考えられます。
一つは、まだ炎症が残っている場合です。

肌の表面には出てこないのですが、
肌が赤くなっているのは肌の奥で炎症が続いているからです。

全体的にムラがなく赤くなってしまっている場合も、
こう言った炎症が起こっている可能性があると考えて良いでしょう。
もう一つは、ニキビの痕に色素が沈着してしまっていることです。

ニキビができてしまった後には、メラニン色素が沈着します。
このメラニン色素は、肌を赤黒く見えるので、
全体的に頬が赤く見えるようなことが起こってしまうのですね。

■下地→コンシーラー→パウダーファンデの順番で隠せる?

  • しっかりとカバーすることで、赤み自体は隠すことができる
  • 特に、肌の奥での炎症や色素沈着はコンシーラーが必要ないこともある
  • 炎症ニキビなど目立つのならコンシーラーを利用すると良い

肌が盛り上がっていない赤さなら、しっかりとカバーすることで赤みを隠すことができます。
肌の奥で炎症が起こっているとき、色素沈着がある場合には、
コンシーラーまで使う必要はありません。

カバー力の高いファンデーションを使うことで、十分に隠すことができます。
それでも心配な場合、またファンデーションでも目立っている場合に、
コンシーラーを使ってみると良いでしょう。

炎症を起こして凹凸ができている場合にもコンシーラーは有効ですね。
順番としては、下地を使ってからコンシーラーで気になる部分を隠し、
最後にファンデーションです。

ファンデーションの後に、フェイスパウダーを使っても構いません。

■パウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いは?

  • パウダーファンデーションは、しっかりと肌をカバーしてくれる
  • フェイスパウダーではカバー力がないので、化粧で肌を隠すことは期待できない
  • カバーしたいのならパウダーファンデーションも利用した方が良い

パウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いをご存知ですか?
その二つの違いはカバー力にあります。

端的に言うと、ファンデーションはカバー力がありますが、
フェイスパウダーにはカバー力がありません。
このカバー力の違いは油分にあります。

ファンデーションは油分を含んでいるため、しっかりと肌をカバーしてくれます。
フェイスパウダーではカバー力がないため、これだけでは肌を隠すことができません。

ニキビを隠すことも期待はできませんね。
フェイスパウダーのみでケアするのは、
肌には負担がかからないためニキビに優しい化粧です。

ただし、色味を隠すことはできないので、
赤みを隠したい場合にはパウダーファンデーションも利用するようにしてください。

パウダーファンデーションを利用した後に、
フェイスパウダーを使うとより良いでしょう。

■ファンデーションを落とすときの注意は?

  • クレンジングは肌に負担をかけることが多いので、選ぶ時には注意して
  • ホホバオイル、ミルクタイプのものを選ぶと肌に負担がない
  • シートタイプ、オリーブオイルを利用するのは絶対にNG

ファンデーションを使うと、メイクを落とすのにクレンジングを利用しますよね。
これは肌にとっては負担がとても大きいものとなります。
クレンジングの種類をしっかりと見極めるようにしてください。

ホホバオイルはニキビのアクネ菌を殺してくれるような効果がありますので、
ホホバオイルを使ったクレンジングはニキビ対策にも有効です。
ミルクタイプのものは、肌に対する負担が少ないです。

逆に、シートタイプのものとオリーブオイルは、ニキビには負担です。
シートでこすることで肌が荒れてしまいますし、
オリーブオイルはアクネ菌の餌になります。

これらは避けるようにしてください。

■隠すなおかつ、肌に負担をかけない方法は?

  • 何かを塗っているということで、既に負担を与えてしまっている
  • ニキビ肌用のファンデーションを使うことで、肌への負担は少なくなる
  • 資生堂のdプログラムなどは、ニキビ肌用の商品展開をしている

ニキビを隠すために何かを塗ると、それだけで肌にとっては大きな負担です。
コンシーラーやファンデーションの油分は、
ニキビを悪化させる原因となりかねません。

ニキビを隠すために行っていることが、逆にニキビを悪化させてしまうのです。
それでも、ニキビができた状態で外に出たくない日もあるでしょう。

こうした時には、ファンデーションの選び方に気を付けるようにしてください。
ニキビ肌用の化粧品を利用することで、
ニキビ肌に対して負担の少ない結果となります。

ニキビ肌に対しては、それ専用の化粧品を利用すると良いのですね。
こうした商品では、資生堂のdプログラムなどがあります。

様々な肌の方に対する化粧品がありますが、
その中にニキビ肌用のものがあるのです。

ファンデーションもニキビ肌に負担をかけないものがありますので、
まずはこうした刺激の少ないものを選んでみると良いでしょう。

■リキッドタイプとパウダータイプでは、どちらの負担が少なくなっている?

  • リキッドタイプは油分が多いため、かなり肌に対しては負担が多い状態になっている
  • パウダータイプも油分は含まれているが、それでも負担は少ない
  • ミネラルファンデーションを使うなら、成分に気を付けるようにして

ファンデーションには様々な種類があります。
リキッドタイプとパウダータイプがありますが、どちらの方が良いのでしょうか。

様々な面で比べてみることが可能ですが、
カバー力の面ではリキッドタイプのファンデーションに軍配が上がります。

ただし、肌に対する負担という面では、断然、
パウダーファンデーションでしょう。
この違いは、油分の違いから出てきます。

リキッドタイプでは油分が多いのです。
油分は、ニキビの原因となるアクネ菌の好むものです。

これが多いということは、ニキビを増やす原因が増えるということですよね。
パウダーファンデーションでも油分は含まれますが、
リキッドタイプに比べると随分と少なくなります。

それでも不安な場合には、ミネラルファンデーションを使うようにしてください。
ミネラルファンデーションは、肌に対する負担が少ないと言われています。

ただし、ミネラルだと言っている商品は、成分表記に注意してください。
成分表記で界面活性剤などが含まれていたら、使うのはやめた方が良いでしょう。

■化粧はしたいのだけど、肌に対して負担をかけるのが心配

  • しっかり化粧ではない日だったら、フェイスパウダーだけが一番良い
  • しっかり化粧する日でも、クリームタイプを使うのは控えた方が良い
  • すっぴんが一番負担をかけないので、休日は化粧をしない

化粧はしたいのだけど、ニキビに負担をかけるのが不安という方は、
フェイスパウダーだけを使うようにしてください。

フェイスパウダーは油分を含んでいないので、使っても比較的負担は少ないです。
ファンデーションを使ってしっかりと化粧をする日には、
パウダータイプを選ぶと良いでしょう。

絶対に使わないでいただきたいのは、クリームタイプのファンデーションです。
カバー力は抜群なのですが、油分の多さはリキッドタイプより上になります。

ニキビに対する負担は最も高いといえるでしょう。
すっぴんでいることが一番負担をかけない方法です。
休日などは、肌を休ませるようにしてください。

■ファンデーションの前に行った方が良いことはある?

  • まずはしっかりと洗顔をして汚れや油分を落としておくこと
  • 保湿しておく必要があるので、しっかりめに保湿する必要がある
  • ニキビがひどいときには下地を使わずに、美容液を利用するようにして

ファンデーションを使う前にはしっかり洗顔をしてください。
汚れや油分を落としておくことが重要です。
美容液などで保湿をすることで、肌のケアを行うことができます。

ニキビがひどいときは化粧下地は使わないようにしてください。
その代わりに、美容液や乳液でいつもよりしっかりと保湿ケアを行ってくださいね。


生理前後の大人ニキビがずっとならない!

治ってもすぐに再発してしまう!

ニキビがいつもきになってお肌のすべすべ感はどこに・・



大人ニキビの根本原因に対処することが大切です。


女性ホルモンが乱れる★

→肌のターンオーバーも乱れる

→肌の水分量と皮脂量のバランスが乱れていく

→毛穴が詰まりやすくなりニキビができてしまう。


女性ホルモンが乱れる★

ここをなんとかしないといけません。

そこで見つけたのがこのラ・ミューテ化粧品です。

>>女性ホルモンのバランス着目したニキビ対策




女性ホルモンに着目して根本から肌の調子を整えます。

最初はお値段にびっくりしました。

高すぎでしょ・・

と思ったのですが、180日(半年間)返金保証があるので

買ってみました。

1.5ヶ月分と書いていますが、実際は2ヶ月程度持たすことができました。


お高いのでいままで色々な大人ニキビ対策をしてきたけど中々完治しない人

以外はおすすめできません。


ですが、返金保証があるので試したみたいなと思ったら少しだけお小遣いを削って

ぜひ一度だけ試してみると後悔しないと思いますよ。

(私がそうだったので・・)