赤みを隠す化粧品を知りたい!ニキビにも優しい化粧品

■敏感肌でも使える、赤みを隠す化粧下地

  • 敏感肌でも使える化粧下地は多いので、自分に合ったものを選ぶと良い
  • 化粧下地に日焼け止めが含まれていると、日焼け対策も行うことができる
  • 日焼け止めを化粧下地に使うこともできる

敏感肌の方にとっては、化粧は大敵ではないでしょうか。
化粧をしているだけで、肌には大きな負担がかかっています。

普通の人でも、ずっと化粧をしていると肌が荒れてしまうのです。
敏感肌の方は化粧品が合わないだけで、
顔がすぐに赤くなってしまったりということが起こります。

そういった方にも使うことができる化粧下地をご紹介しましょう。
まずはブルークレールのUVラグジュアリーデイクリームです。

こちらは、合成界面活性剤や、紫外線吸収剤などを使っていません。
これらは肌に悪いことで有名ですよね。

紫外線対策を同時に行うことができるものとなっていますので、
日焼け止めをさらに塗る必要はありません。
化粧ノリが良いため、敏感肌で少し肌が荒れている時でも安心です。

肌に優しい製品となっているのが嬉しいですね。
その分、少しお値段が高いところが欠点でしょうか。

花王のキュレルYVクリームも、化粧下地となります。
こちらはお値段が安めなので、使いやすいでしょう。

お値段は安めですが、植物由来の成分を使っているため、
肌に優しいクリームとなっています。

少し白くなってしまうようですが、
これはファンデーションの色で調節が必要ですね。

花王の製品のように、日焼け止めを化粧下地として使うこともできます。
肌が弱い方は化粧下地を使うよりも、
日焼け止めを化粧下地として使った方が良いのではないでしょうか。

白っぽくなるのが不安だったら、
ファンデーションの色を少し蔵目にしてみると良いですよ。

■色白でニキビの赤みが目立つ。肌の色は茶色っぽくなりたくない

  • ニキビの赤みだけが目立つときにはコンシーラーを使うと良い
  • コンシーラーの色の展開が多いものを選ぶと良い
  • ニキビとは反対色を選ぶようにすると、目立たずに使うことができる

色白七難を隠すと言いますが、色白の方にも悩みがあります。
それは、ニキビが目立ってしまうということです。

また、赤みがさすとそれだけで目立ってしまうので、赤ら顔に見えやすいのです。
こう言った方がニキビを隠す場合は、コンシーラーに頼ると良いでしょう。

コンシーラーとはいっても、暗い色だとそこだけ目立ってしまいます。
肌の色を茶色っぽくしたくない方は、
コンシーラーの色の展開が多いものを選びましょう。

色の展開が多いと、明るめの色も揃っています。
キャンメイクのコンシーラーはプチプライスですが、色は6色も揃っています。

色が豊富にあるので、
自分の持っているファンデーションや肌の色と合わせやすいですね。

値段が安いので、一度買ってみて試すこともできますね。
コンシーラーを選ぶ時には、ニキビの色とは反対色を選ぶと良いでしょう。

緑がかった色だと、一番ニキビをきれいに隠すことができます。
ですが、色白の方なら、肌の色に一番合うものを選んだ方が、
目立つことなく使うことができるでしょう。

■コンシーラーには様々な種類があるけど、どれがニキビ対策におすすめ?

  • コンシーラーにはスティックタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプなど様々にある
  • 簡単にニキビを隠すことができるのは、ペン以外のもの
  • クリームやリキッドは油分が多いために避けた方が無難

コンシーラーにも様々な種類があります。
ペンタイプのものから、スティックタイプのもの、
さらにはファンデーションのようにクリームタイプ、リキッドタイプです。

この中で、ニキビを隠すのに適したものはどれでしょうか。
まず、一番適しているのはクリームタイプだと言えます。
カバー力が最も高く使いやすいからです。

ですが、クリームタイプ、リキッドタイプは油分が多すぎるといえるでしょう。
ペン以外のものなら、基本的にはどれでも簡単にニキビを隠すことができます。

おすすめはスティックタイプで、このタイプなら、
手を汚すことなく簡単にニキビを隠すことができますよ。

■自分の肌に合った化粧品を見つけて、そのシリーズを試して

  • 肌に合ったものを使うのが一番
  • 肌に合った化粧品の中で、コンシーラーを探すと良い

ニキビ・色白の方は、まずは自分に一番合った化粧品を探すことにしましょう。
そのラインナップの中から、一番良いコンシーラーを見つけると、
肌にとっては最も良いのではないでしょうか。

■コンシーラーやファンデを使うとニキビは悪化しやすい?

  • コンシーラーやファンデーションはニキビ悪化の原因となってしまう
  • ニキビ悪化の原因は、含まれている油分が多いから
  • 特にコンシーラーと化粧下地はニキビにはあまり良くない

コンシーラーやファンデーションを使ったときに、
ニキビが悪化してしまったように感じる人もいるでしょう。

実際に、ファンデーションやコンシーラーは、
ニキビにとってはあまり良いものであるとは言えません。
なぜなら、油分を多く含んでいるからです。

油分はニキビの原因となるアクネ菌が好むものです。
アクネ菌が増えてしまうと、必然的にニキビが多くなってしまいます。

アクネ菌による炎症は肌の赤みをひどくしますから、
全体として顔が赤くなってしまう人もいます。
化粧すること自体が、顔にとっては良いものではありません。

その中でも特に、コンシーラーと化粧下地は、油分を多く含んでいます。
肌の調子が悪いときには、
化粧下地を使わない方がニキビのためになるでしょう。

化粧下地の代わりになるものは、乳液などです。
これらをしっかりと肌に塗り込んで保湿することで、化粧下地の代わりになります。

また、日焼け止めを化粧下地代わりに使うこともできます。
コンシーラーはポイントメイクには大切ですが、
あまりにもニキビがひどいときには控えるようにしましょう。

■ニキビ肌で化粧をする場合に気を付けることは?

  • ニキビ肌専用の化粧品を使った方が、ニキビ負担をかけることなく化粧できる
  • 化粧をする前にしっかりとUV対策と保湿を行うようにした方が良い
  • 家に帰ったらすぐに落とし、肌を休ませることが必要

ニキビ肌の方が化粧をする時には、
敏感肌用のものを利用するようにしましょう。
また、最近ではニキビ肌専用の化粧品も売っています。

こうしたものを利用すると、ニキビに対する負担が少なくなるので、
安心して化粧することができます。
化粧をする前には、必ずUV対策と保湿を行ってください。

紫外線によるダメージは肌荒れの原因となります。
化粧品に含まれているサンブロックだけでは足りないことがあるので、
しっかりと日焼け止めを使ってください。

家に帰ったら、すぐに化粧を落とすようにしましょう。
できる限りしっかりとケアを行い、
肌を休ませてあげることでダメージを少なくすることができます。

クレンジングでこするようなことはしないでくださいね。

■ニキビ肌に負担をかけない理想の化粧の方法はどのようなものがある?

  • すっぴんが一番だが、気になる部分だけのポイントメイクだと負担が少ない
  • フェイスパウダーで肌を整えるだけの化粧をすると良い
  • ファンデーションを使うときにはニキビ・敏感肌用のパウダータイプを選んで

ニキビ肌の方には、すっぴんが一番です。
肌を隠すような化粧をしなくても良いなら、ポイントメイクだけにしましょう。

アイメイクや唇のケアをしていると、
それだけで化粧をしているように見えるものです。
目のくまやシミは、コンシーラーで隠すことができます。

肌の調子を整えたいときには、
油分の入らないフェイスパウダーを利用してみてください。

どうしてもファンデーションを使いたいときには、
ニキビ肌の方向けの化粧品が良いですね。

また、リキッドタイプではなくパウダータイプ、
もしくはルースタイプのものを使うと良いですよ。

ミネラルファンデーションも、
リキッドタイプなどよりは負担が少なく使うことができます。

■ニキビ肌なら薄化粧の方が悪化させないので良い

  • 化粧下地まで使うような厚化粧だと、ニキビにとっては最悪の環境になってしまう
  • ポイントメイクをしっかりしていると、化粧をしているように見える
  • できる限りメイクから油分を減らすように心がけることが必要

ニキビ肌の方は、できる限り厚化粧を行わない方が良いですね。
上記に書いた通り、ポイントメイクをしっかり行っていると、
化粧をしているように見えます。

アイメイクなどを利用して、実際の化粧は薄く保っていることが大切です。
メイクをする時には、できる限りメイクから油分を少なくするように心がけてください。
油分がニキビには大敵だということを覚えておきましょう。

男用のメイク用品は?ニキビを上手に隠す方法

■赤いニキビとニキビ跡が酷い。男性向けのファンデーションはある?

  • 男性向けファンデーションもラインナップが豊富
  • 人気の商品は24hコスメのパウダーファンデーション
  • 肌に負担をかけることがないので、ニキビ肌の男性も安心して使うことができる

男性向けファンデーションと言うと、
あまり聞き慣れないと思う人もいるかもしれません。

ですが、実は最近では、
男性向けのメイク用品もラインナップが豊富になっています。

様々な種類があるので、女性用と同様に自分に合ったものを選ぶことができますね。
ニキビ肌の方は、どうしてもニキビを隠したいときがあるでしょう。

そんな時に使えるのが、男性用のファンデーションです。
男性用のファンデーションでおすすめの商品は、
24hコスメのパウダーファンデーションでしょう。

こちらはメンズ用になっているので、ケースも男性の方が使いやすいものとなっています。
軽いテクスチャのため、普段は化粧をしない男性も息苦しさを感じることはありません。

また、天然ミネラルなのでニキビ肌の方でも安心して使うことができますね。
ファンデーションを使った日のケアも簡単です。

洗顔フォームや石鹸で落とすことができるので、クレンジングの必要がないのです。
色も三色あり、自分の肌に合ったものを選ぶことができます。

ニキビ肌の方は、
肌に負担をかけないこちらがおすすめなのではないでしょうか。

■塗っていることが目立たないメンズ専用顔用ファンデ

  • 男性では、塗っていて目立たないことが大事
  • ビズファインカラーで色を混ぜれば自分の肌に合ったものを選ぶことができる
  • ローション感覚で使えるので、初心者の男性でも使いやすい

男性用のファンデーションを選ぶ際には、
塗っていて目立たないものを選ぶことが重要です。
化粧をしていることを知られたくない男性もいるでしょう。

そんな方にはビズファインカラーのファンデーションがお勧めです。
リキッドタイプのファンデーションで、色を混ぜて使うことができます。

自分の肌に一番に合った色を作ることができるので、
できる限り目立たないようにできますね。
リキッドタイプなので、使い方も簡単です。

また、油分を含んでいないため、ニキビ肌の方に優しい化粧品となっています。
油分を含んでいないので、クレンジングも不必要です。

ただし、洗顔は二回行う必要があります。
ローション感覚で使うことができるので、
今まで使ったことがない男性でも簡単に使えますよ。

■男性用ファンデーションを選ぶ時に注意したいことは?

  • クレンジングなどが不要な簡単に洗い流せるものを選ぶ
  • できる限り下地など要らないシンプルな、色の暗めのものを選ぶ
  • BBクリームを利用するのも良いが、油分には気を付ける必要がある

男性用ファンデーションを選ぶ時には、
洗顔時にクレンジングの要らないものを選ぶと面倒くさくありません。

また、化粧下地などのこまごましたものを使わないファンデーションの方が、
朝に面倒くささを感じずに使うことができます。
できる限りシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

男性用ですと、色は女性用よりも暗めのものとなります。
自分の肌から浮かない色を選ぶようにしてください。

BBクリームは化粧下地や美容液などが含まれていて機能的ですが、
その分油が多くなってしまいます。

ニキビ肌にはあまり良くないので、
選ぶときには気を付けるようにしてください。

■ファンデーションを利用するときに、普段と違って気を付けるべきことは?

  • しっかりと保湿をしていないと、余計に肌が荒れてしまう
  • カミソリでひげを剃っていると肌荒れの原因になるのでやめた方が良い
  • 洗顔を丁寧に行って、しっかりとメイクオフすることが必要

ファンデーションを利用するときには、普段とは違ったケアをする必要があります。
まず、保湿をしっかり行ってください。
ファンデーションは肌に優しいものではありません。

保湿ケアを行わないと、ニキビが悪化してしまうこともあります。
カミソリで髭を剃っている方は、電動のシェーバーなどに変えてください。

カミソリでの処理は肌が荒れるので、
ファンデーションを使っている時にはふさわしくありません。
洗顔はしっかり行って、ファンデーションが残らないように気を付けて下さいね。

■女性向けファンデで無香料、敏感肌用もあり?

  • 女性用ファンデーションで無香料・敏感肌のものは種類が豊富にある
  • 男性が使うときには、その色に注意する必要がある
  • 女性用はクレンジング不要のものが少ないので、そう言ったところにも注意

女性向けのファンデーションで無香料のもの、
敏感肌のものは種類が豊富にあります。

資生堂のニキビ肌向けのファンデーションは、
無香料ですし、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

また、箸方化粧品の商品は安価でありながら、
敏感肌でも使うことができるものとなっています。

ただし、こういったものを男性が使うときには、
色に注意する必要がありますね。
男性の方はファンデーションの色が暗めのものを選ぶ傾向があります。
女性は美白ケアなども行うので、
そういう面で男性より明るい色のファンデーションの方が人気があります。

そのため、女性用を選ぶと、
ベストな色合いのものが見つからない可能性があるのです。

また、女性用ではクレンジング不要の化粧品は少ないですね。
しっかりとしたクレンジングケア、また、下地が必要なものも多いため、
面倒に思ってしまう男性も多いでしょう。

デザインも綺麗なものが多いので、買いにくいという方もいます。

■洗顔の基本、泡洗顔の重要性

  • ごしごしとこすると、肌が荒れる原因になるので泡立てて包み込むようにして洗う
  • ぬるま湯を使うことで肌が荒れるのを抑えてくれる
  • クレイ洗顔などは肌の角質を傷つけてしまう可能性があるので注意

ファンデーションを利用するときには、まずは洗顔をきちんと行う必要があります。
男性は朝に石鹸で顔を洗わない方もいます。
また、ゴシゴシとこすってしまう方もいます。

ですが、こういった洗顔方法では肌を傷つけてしまいます。
ニキビで大事なのは、汚れや油分がない状態にしておくことです。

こういった状態を作ってからファンデーションを使うのです。
そのために必要なのは泡洗顔です。
たっぷりと立てた泡で顔を包み込むように洗うのです。

ごしごしとこするように洗うと、肌の角質が傷ついてしまいます。
クレイ洗顔を利用している方も、肌の角質層の部分に悪い影響があります。

泡洗顔で顔の油分や汚れを優しく洗い流すようにしてください。
洗い残しがあると、そこにニキビができてしまうので注意してください。

洗うときはぬるま湯を使うようにしましょう。
水に近い温度のぬるま湯で洗うのがベストです。

■気になる部分だけなら、コンシーラーを利用した方が良いかも?

  • ニキビが部分的に気になるのだったら、メンズコスメのコンシーラーを利用する
  • コンシーラーなら、ポイントに塗るだけなので簡単
  • 日光の下で浮いて見えないかチェックする必要がある

部分的なニキビが気になるのだったら、コンシーラーを利用した方が良いかもしれません。
コンシーラーは部分的に塗ることができるので、
ファンデーションよりも使用に抵抗がない方が多いのではないでしょうか。

メンズコスメでもコンシーラーが展開されているものがあります。
ただし、コンシーラーは塗った部分が浮いて見える可能性があります。

自分の肌と、ニキビ部分の炎症の具合をチェックするようにしてください。
使ったときは、必ず日光の下でどのように見えるかチェックしましょう。

電光の下では綺麗に見えていても、
日光の下では白く浮き上がって見えてしまう可能性もあります。

■男性でもファンデーションを使うのはおかしくない!ただしケアはしっかりと行って

  • 男性用のコスメも増えてきているので、おかしいことではない
  • 化粧はニキビ肌には負担が大きいこともあるので注意が必要
  • いつも以上にケアが必要なので、最低限化粧水は用意しておくこと

男性用のコスメは増えてきています。
男性でもファンデーションを使うことはおかしいことではありません。

ただし、覚えおいていただきたいのは、
化粧は肌に対する負担が大きいということです。
特にニキビ肌の方は塗られたものに敏感に反応してしまいます。

化粧をしたことでニキビを悪化させてしまっては、悪循環に陥ってしまいますよね。
メイクをする時には、最低限、化粧水は用意しておきましょう。
しっかりとケアを行うことで、ニキビを悪化させずにすみますよ。

カバー力のあるファンデーションが知りたい!ニキビとクレーター

■ニキビの赤みとニキビ跡で頬やアゴにクレーター、カバー力があるファンデは?

  • 凹凸をカバーしてくれるようなカバー力のあるファンデーションを選ぶ
  • 「薬用クリア エステヴェール」は肌の凹凸も隠してくれる
  • 美容成分が多いので、ニキビの赤みに対しても効果がある

ニキビの痕でクレーターができてしまうと辛いですよね。
ニキビの痕には様々な種類がありますが、色素沈着軽い例となります。

凹凸ができてしまうこともあり、
その中でもクレーターは最も重いニキビ痕となってしまいます。
ですが、どうにかしてこれは隠してしまいたいものですよね。

これを隠すためには、
凹凸をカバーしてくれるようなファンデーションを選ぶ必要があります。
カバー力が大きな物でないと、凹凸が隠れなくなってしまいます。

凹凸をカバーしてくれるようなファンデーションとしては
「薬用クリア エステヴェール」があります。

こちらは、毛穴や肌の凹凸をカバーしてくれるという面で人気がありますね。
入っている成分は美容成分が多いため、肌への負担が少ないことも人気の一つです。

美白成分も入っていますので、色素沈着で残ってしまったニキビ痕にも、
効果を期待することができるのではないでしょうか。

■BBクリーム、パウダー、リキッドタイプ、の違い、結局どれがよい?

  • 三つの中で選ぶのなら、断然パウダーファンデーションが良い
  • リキッドタイプは油分が多いので、肌に対しては負担があるが、カバー力が良い
  • BBクリームはダメージも大きく、カバー力も低い

カバーしてくれるものと言えば、BBクリームやパウダータイプ、
リキッドタイプのファンデーションなど様々なものが浮かびます。
それでは、この中ではどれが一番良いのでしょうか。

答えはパウダータイプのファンデーションです。
これは一番油分が少ないため、ニキビ肌の方にはお勧めなのです。
ですが、ニキビ自体が完治している方なら、リキッドタイプが良いでしょう。

リキッドタイプですと、カバー力が高いので、
クレーターがあっても使いやすいものとなります。

選択肢にはありませんが、
クリームタイプのファンデーションはリキッドよりもカバー力に優れています。

カバー力を優先して選ぶのなら、
クリームタイプのファンデーションを探してみるのも良いかもしれません。

BBクリームは最も使ってはいけないものです。
これは次の項でご説明します。

■BBクリームはどのような利点があるの?ニキビを隠すことができる?

  • 様々な成分が入っているため、肌に良くないものが含まれている可能性もある
  • ファンデーションとしての成分は少ないので、カバー力はない
  • 肌がきれいな人でないとカバーできず、ニキビが悪化する可能性もあるので注意

BBクリームは、時間短縮のメイクをするためのものです。
そのため、様々な成分が含まれているのです。

含まれている成分が多いので、
その中には肌に良くないものが含まれている可能性もありますね。

界面活性剤などもありますので、BBクリームを用意するときには、
成分表に気を付けるようにして下さい。

BBクリームのカバー力ですが、カバー力はかなり低いものとなっています。
なぜなら、様々な要素を入れるため、
ファンデーションとしての能力は低くなってしまうからです。

BBクリームで綺麗に肌をカバーすることができるのは、
元々、肌がきれいだった人でしょう。

下手にBBクリームを使うと、成分のせいでニキビが悪化する恐れもあります。
できる限り使わない方が無難ではないでしょうか。

■クレーターなどを隠したいのなら、できる限り化粧崩れが起きないようにして

  • 隠すことも必要だが、化粧崩れが起きると余計に肌が汚く見えてしまう
  • 化粧崩れがないように厚塗りしないことも有効
  • クレーター自体は化粧をしても目立ってしまう可能性が高い

クレーターを隠すために化粧をするのだったら、
化粧崩れがないような化粧を目指しましょう。

どうしても厚塗りしがちなのですが、
厚塗りしたことで化粧が崩れやすくなってはどうしようもありません。

クレーター自体も気になりますが、
化粧崩れが加わると余計に肌が汚く見えてしまいます。

クレーターは化粧をしても目立ってしまう可能性が高いです。
できる限り、厚塗りをせずに化粧崩れのないメイクを目指した方が良いですよ。

■炎症中の赤みと炎症後の赤み、さらには色素沈着の違い

  • 炎症中の赤みでは盛り上がって、明らかに‘ニキビ’だと分かるものになる
  • 炎症後の赤みは、顔全体が赤くなっているように見えるのでカバーは簡単
  • 色素沈着はニキビができていた部分だけ以上に色が濃く見えてしまう

ニキビによる顔の赤みは、その種類によって違います。
まず、赤みと共にはっきりとニキビだと分かるように盛り上がっていたら、
それは現在進行中のニキビです。

炎症を起こしているので、
こうしたニキビは痕にならないようにケアをする必要がありますね。

こうしたニキビによる赤みは、痕が残らなければ、
炎症が治まると同時に赤みも消えて行きます。

ですが、盛り上がった部分が収まっても、まだ赤みが残ってしまう場合があります。
これは、肌の奥での炎症が収まっていな状態だということです。

肌の奥の炎症が透けて見えているので、
ニキビが直接的にできていたときよりもニキビだと分かるような状態にはなりません。

ニキビによる肌の赤みのもう一つは、色素沈着によるものがあります。
ニキビができていた部分にメラニン色素が残ってしまい、それが赤く見えているのです。

赤と言うよりは、紫のように見える人もいるでしょう。
メラニン色素は黒や茶色に近いので、そう言った色に見えてしまうこともあります。

■ターンオーバーの活性化とこれ以上ニキビができないようにするには?

  • ターンオーバーを活性化するためには、生活習慣に気を付ける必要がある
  • 睡眠や食生活にこだわっていると、ターンオーバーが正常になる
  • 日焼けはターンオーバーを異常に早めてしまうので厳禁

ニキビの痕による赤みを消すためには、
肌のターンオーバーを活性化させる必要があります。

ターンオーバーを不必要に早める必要はありませんが、
正常化させることが必要です。

大抵は、ターンオーバーが遅くなっている状態なので、
これを活性化させてあげることが大切です。
そのためにはまず、生活習慣に気を付けるようにしましょう。

睡眠をしっかりととることは、肌のターンオーバーには最適です。
特に、22時から2時には、肌にとってはゴールデンタイムとなります。

この時間を逃さないよう、しっかりと睡眠を取るようにしてください。
また、食生活にも気を付ける必要があります。
特に、たんぱく質をしっかり取るようにしてください。

蛋白質は、動物性たんぱく質でも、植物性たんぱく質でも構いません。
日焼けは絶対にしないようにしましょう。

紫外線によって肌が傷つけられると、
不必要にターンオーバーが速くなり、これは逆に肌に悪いのです。
日焼け止めや帽子・日傘は有効な手段だと言えますね。

■ニキビができない肌にするために病院以外でできることはある?

  • しっかりと保湿を行って、肌のケアをすること
  • 肌に負担をかけるような行動は控える必要がある
  • ニキビがあまりにもひどいときには隠さずに、マスクなどをして隠すと良い

ニキビができないようにするためには、様々なケアをする必要があります。
まずは、肌の保湿をしっかりと行いましょう。
油分がニキビの原因となるので、あまり保湿をしない人もいるかもしれません。

ですがこれは危険で、肌が乾燥しているとあれやすくなってしまいます。
この肌荒れはニキビを悪化させますので、十分に保湿を行うようにしてください。

肌に負担をかけるような行動も控えるべきです。
化粧は肌にとっては大きな負担となります。
化粧をする必要がない日は、極力化粧をしないようにしましょう。

花粉症やインフルエンザの季節は、
マスクをすることですっぴん肌を隠すことができますよ。

■クレーターがある場合には、どのようにケアすれば良いの?

  • 自宅で治すことができるのは、ニキビの炎症まで
  • クレーターができてしまうと、個人でのケアは難しいので病院で相談した方が良い
  • 隠し続けていると悪循環なので、一度相談に行った方が肌のためにもなる

クレーターは、自分では治療することができません。
ニキビの炎症までなら、自分でもケアすることができます。

クレーターは一度できると、病院での治療が最適でしょう。
隠し続けるために化粧を行っていると、
それによって悪循環になってしまいます。

気になる方は病院で相談して見ましょう。

全体的に頬が赤いのが気になってしまう。ニキビを隠す方法は?

■ニキビが繰り返しに全体的に頬が赤い。原因は?

  • ニキビが炎症しているせいで肌が赤く見えてしまっている
  • ニキビが治った後も、肌の奥では炎症が続いているので肌が赤い
  • ニキビの痕が色素沈着してしまって、赤みが消えない状態になっている

ニキビ肌の方は、全体的に頬が赤くなってしまうことが多いですね。
この原因はもちろん、ニキビなのですが、
ニキビが収まった後も赤みが残ってしまっていることはありませんか?

ニキビができている間は、赤く盛り上がっている部分があり、
明らかにニキビだと分かりますね。

ニキビが治った後も赤みが残っている場合には、二つの原因が考えられます。
一つは、まだ炎症が残っている場合です。

肌の表面には出てこないのですが、
肌が赤くなっているのは肌の奥で炎症が続いているからです。

全体的にムラがなく赤くなってしまっている場合も、
こう言った炎症が起こっている可能性があると考えて良いでしょう。
もう一つは、ニキビの痕に色素が沈着してしまっていることです。

ニキビができてしまった後には、メラニン色素が沈着します。
このメラニン色素は、肌を赤黒く見えるので、
全体的に頬が赤く見えるようなことが起こってしまうのですね。

■下地→コンシーラー→パウダーファンデの順番で隠せる?

  • しっかりとカバーすることで、赤み自体は隠すことができる
  • 特に、肌の奥での炎症や色素沈着はコンシーラーが必要ないこともある
  • 炎症ニキビなど目立つのならコンシーラーを利用すると良い

肌が盛り上がっていない赤さなら、しっかりとカバーすることで赤みを隠すことができます。
肌の奥で炎症が起こっているとき、色素沈着がある場合には、
コンシーラーまで使う必要はありません。

カバー力の高いファンデーションを使うことで、十分に隠すことができます。
それでも心配な場合、またファンデーションでも目立っている場合に、
コンシーラーを使ってみると良いでしょう。

炎症を起こして凹凸ができている場合にもコンシーラーは有効ですね。
順番としては、下地を使ってからコンシーラーで気になる部分を隠し、
最後にファンデーションです。

ファンデーションの後に、フェイスパウダーを使っても構いません。

■パウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いは?

  • パウダーファンデーションは、しっかりと肌をカバーしてくれる
  • フェイスパウダーではカバー力がないので、化粧で肌を隠すことは期待できない
  • カバーしたいのならパウダーファンデーションも利用した方が良い

パウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いをご存知ですか?
その二つの違いはカバー力にあります。

端的に言うと、ファンデーションはカバー力がありますが、
フェイスパウダーにはカバー力がありません。
このカバー力の違いは油分にあります。

ファンデーションは油分を含んでいるため、しっかりと肌をカバーしてくれます。
フェイスパウダーではカバー力がないため、これだけでは肌を隠すことができません。

ニキビを隠すことも期待はできませんね。
フェイスパウダーのみでケアするのは、
肌には負担がかからないためニキビに優しい化粧です。

ただし、色味を隠すことはできないので、
赤みを隠したい場合にはパウダーファンデーションも利用するようにしてください。

パウダーファンデーションを利用した後に、
フェイスパウダーを使うとより良いでしょう。

■ファンデーションを落とすときの注意は?

  • クレンジングは肌に負担をかけることが多いので、選ぶ時には注意して
  • ホホバオイル、ミルクタイプのものを選ぶと肌に負担がない
  • シートタイプ、オリーブオイルを利用するのは絶対にNG

ファンデーションを使うと、メイクを落とすのにクレンジングを利用しますよね。
これは肌にとっては負担がとても大きいものとなります。
クレンジングの種類をしっかりと見極めるようにしてください。

ホホバオイルはニキビのアクネ菌を殺してくれるような効果がありますので、
ホホバオイルを使ったクレンジングはニキビ対策にも有効です。
ミルクタイプのものは、肌に対する負担が少ないです。

逆に、シートタイプのものとオリーブオイルは、ニキビには負担です。
シートでこすることで肌が荒れてしまいますし、
オリーブオイルはアクネ菌の餌になります。

これらは避けるようにしてください。

■隠すなおかつ、肌に負担をかけない方法は?

  • 何かを塗っているということで、既に負担を与えてしまっている
  • ニキビ肌用のファンデーションを使うことで、肌への負担は少なくなる
  • 資生堂のdプログラムなどは、ニキビ肌用の商品展開をしている

ニキビを隠すために何かを塗ると、それだけで肌にとっては大きな負担です。
コンシーラーやファンデーションの油分は、
ニキビを悪化させる原因となりかねません。

ニキビを隠すために行っていることが、逆にニキビを悪化させてしまうのです。
それでも、ニキビができた状態で外に出たくない日もあるでしょう。

こうした時には、ファンデーションの選び方に気を付けるようにしてください。
ニキビ肌用の化粧品を利用することで、
ニキビ肌に対して負担の少ない結果となります。

ニキビ肌に対しては、それ専用の化粧品を利用すると良いのですね。
こうした商品では、資生堂のdプログラムなどがあります。

様々な肌の方に対する化粧品がありますが、
その中にニキビ肌用のものがあるのです。

ファンデーションもニキビ肌に負担をかけないものがありますので、
まずはこうした刺激の少ないものを選んでみると良いでしょう。

■リキッドタイプとパウダータイプでは、どちらの負担が少なくなっている?

  • リキッドタイプは油分が多いため、かなり肌に対しては負担が多い状態になっている
  • パウダータイプも油分は含まれているが、それでも負担は少ない
  • ミネラルファンデーションを使うなら、成分に気を付けるようにして

ファンデーションには様々な種類があります。
リキッドタイプとパウダータイプがありますが、どちらの方が良いのでしょうか。

様々な面で比べてみることが可能ですが、
カバー力の面ではリキッドタイプのファンデーションに軍配が上がります。

ただし、肌に対する負担という面では、断然、
パウダーファンデーションでしょう。
この違いは、油分の違いから出てきます。

リキッドタイプでは油分が多いのです。
油分は、ニキビの原因となるアクネ菌の好むものです。

これが多いということは、ニキビを増やす原因が増えるということですよね。
パウダーファンデーションでも油分は含まれますが、
リキッドタイプに比べると随分と少なくなります。

それでも不安な場合には、ミネラルファンデーションを使うようにしてください。
ミネラルファンデーションは、肌に対する負担が少ないと言われています。

ただし、ミネラルだと言っている商品は、成分表記に注意してください。
成分表記で界面活性剤などが含まれていたら、使うのはやめた方が良いでしょう。

■化粧はしたいのだけど、肌に対して負担をかけるのが心配

  • しっかり化粧ではない日だったら、フェイスパウダーだけが一番良い
  • しっかり化粧する日でも、クリームタイプを使うのは控えた方が良い
  • すっぴんが一番負担をかけないので、休日は化粧をしない

化粧はしたいのだけど、ニキビに負担をかけるのが不安という方は、
フェイスパウダーだけを使うようにしてください。

フェイスパウダーは油分を含んでいないので、使っても比較的負担は少ないです。
ファンデーションを使ってしっかりと化粧をする日には、
パウダータイプを選ぶと良いでしょう。

絶対に使わないでいただきたいのは、クリームタイプのファンデーションです。
カバー力は抜群なのですが、油分の多さはリキッドタイプより上になります。

ニキビに対する負担は最も高いといえるでしょう。
すっぴんでいることが一番負担をかけない方法です。
休日などは、肌を休ませるようにしてください。

■ファンデーションの前に行った方が良いことはある?

  • まずはしっかりと洗顔をして汚れや油分を落としておくこと
  • 保湿しておく必要があるので、しっかりめに保湿する必要がある
  • ニキビがひどいときには下地を使わずに、美容液を利用するようにして

ファンデーションを使う前にはしっかり洗顔をしてください。
汚れや油分を落としておくことが重要です。
美容液などで保湿をすることで、肌のケアを行うことができます。

ニキビがひどいときは化粧下地は使わないようにしてください。
その代わりに、美容液や乳液でいつもよりしっかりと保湿ケアを行ってくださいね。

コンシーラーでニキビを隠すことはできる?おすすめは?

■ニキビが繰り返す。とりあえず顔をニキビを隠したい

  • ニキビがひどいときには、まずは何も付けない方が良い
  • ニキビを隠したいときにはコンシーラーを利用すると良い
  • コンシーラーの選び方ではニキビがひどくなるので、しっかりと選ぶようにして

ニキビがひどいときは、それを隠したくなるものです。
ニキビができているだけで、お出かけが憂鬱になってしまいますよね。

化粧でごまかすことができれば一番良いのですが、
なかなか上手くいかずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

顔のニキビですが、最も良い方法は何もしないことです。
下手に隠そうとすると、
隠したことがきっかけで余計にひどくなってしまう可能性があるからです。

とはいっても、どうしても綺麗にして出かけなければいけないこともありますよね。
そんな時は、コンシーラーを利用すると良いでしょう。

コンシーラーを使うことで、盛り上がって目立ってしまったニキビも、
比較的目立たなくすることができるのです。
ですが、コンシーラーを使う場合には注意も必要です。

それは、上手く使わないと逆に目立ってしまうということです。
また、コンシーラーの選び方次第では、
目立ってしまう上にニキビが悪化してしまうこともあります。

選び方、使い方に気を付ける必要がありますね。
ニキビを隠すことはできますが、慎重に使うことが条件となります。

■夏用、冬用ニキビを隠すコンシーラー一覧

  • 季節専用のコンシーラーはないので、その季節に合ったタイプのものを選ぶ必要がある
  • 夏なら、できる限りウォータープルーフで紫外線対策をしているものを選ぶ
  • 冬なら、しっかりと保湿することが何よりも大切

基本的に季節専用のコンシーラーはありません。
夏専用のコンシーラーと言った商品はないので、
全シーズン用のものを購入すると最も良いのではないでしょうか。

ですが、季節の特性に合わせてコンシーラーを選ぶこともできます。
例えば、夏なら紫外線対策をしているものがぴったりですね。

日焼け止めも塗ることが大切ですが、コンシーラーでも紫外線対策をしていると、
きちんと日光から肌を守ることができます。

また汗を書きやすい季節なので、
できる限りウォータープルーフであるものを選びましょう。
折角ニキビを隠していても、汗で流れてしまっては仕方ありません。

冬には、逆に保湿をしっかり行ってくれるものを選ぶと良いでしょう。
保湿効果があるコンシーラーはなかなかありませんが、
見つけたら冬用に購入するのも良いですね。

ですが、コンシーラーはポイントメイクとなります。
季節に合わせたものを購入するよりは、自分に合ったものを見つけ、
ほかの部分で季節に合わせたケアを取り入れた方が良いと思われます。

■コンシーラーで上手にニキビを隠す方法が知りたい!

  • コンシーラーで上手にニキビを隠すには、コンシーラーブラシを使う
  • ニキビの頂点部分にコンシーラーを使うと、逆に目立ってしまう可能性がある
  • 指で強く押し付けるようにすると、指に戻ってしまう

コンシーラーでニキビを隠すのは難しい作業です。
コンシーラーを使う場合にはコンシーラーブラシというものを使いましょう。

スティックタイプのものは、そのまま使っていただいても大丈夫です。
指で付ける方もいますが、これは難しい作業です。

指で強く押し付けすぎると、コンシーラーが肌につかずに指に戻ってしまうのです。
コンシーラーブラシならそのようなことは起こりませんので、安心してください。

ニキビを隠す際には、ニキビの頂点ではなく、
盛り上がった部分を埋めるように周囲に付けて下さい。

そして、頂点部分はファンデーションで隠すようにしましょう。
これで、凹凸のない肌を作ることができます。

■ニキビの炎症が起きているところにも使って良いの?

  • ニキビの盛り上がっている部分の周囲を埋めるようにして使う
  • ニキビの炎症がひどくなってしまう可能性も高い
  • しっかりめの化粧が必要な日以外は、油分が多いのでできる限り使わない方が良い

ニキビの炎症が起こっている部分に使うことに抵抗がある方もいると思います。
ですが、基本的にコンシーラーは、ニキビの頂点ではなく周囲に使うようにしましょう。

ただし、この場合でも炎症がひどくなってしまうことがあります。
しっかりしたメイクが必要な日以外は、できる限り使わないようにしましょう。

■ファンデーションとコンシーラーの違い

  • ファンデーションもコンシーラーもカバーするというところでは同じ
  • ファンデーションはより広範囲に使うもので、むらなく塗る方がきれい
  • コンシーラーは気になる場所を隠すような効果がある

ファンデーションとコンシーラーの違いは何なのでしょうか。
どちらも肌をカバーするという点では同じですね。
また、ニキビを隠すためにはどちらもが効果を持っていそうです。

この違いは、範囲にあります。
ファンデーションは顔全体に使うもので、広範囲のカバーをすることができます。

それに対してコンシーラーは、気になる部分にポイント的に使います。
そのため、ファンデーションより硬めのテクスチャになっていることが多いです。

ポイントメイクで肌の気夷なる部分を隠すので、
シミなどを消すときに使うことができます。

ただし、コンシーラーだけを使うと目立ってしまうので、
基本的にコンシーラーとファンデーションは同時に使うことが望ましいでしょう。

もちろん、ニキビを隠す際にも両方使うことが望ましいですね。
両方使った方が違和感なくニキビを肌の色に隠すことができるでしょう。

■@コスメの口コミで評価が高いコンシーラー

  • カバーマークのスティックタイプのコンシーラーは人気がある
  • スティックタイプなので、指やブラシを使わずに付けることができる
  • 色も4色あるので、肌に合ったものを選ぶことができる

@コスメの口コミは、美容品を選ぶ時にはとても参考になりますよね。
では、コンシーラーで評判の良いものを見てみることにしましょう。

コンシーラーで評価が高いのは、カバーマークのコンシーラーです。
スティックタイプなので、使用がとても簡単です。
指でコンシーラーを付けると、上手くカバーすることができません。

指に戻ってしまう可能性が高く、ムラができてしまうからです。
最善の方法はコンシーラーブラシを利用することですが、
誰もが持っているわけではないですよね。

スティックタイプなら、
コンシーラーブラシを使わなくても簡単にコンシーラーを付けることができます。

カバーマークの根s-らーはカバー力も高く、テクスチャにも人気があります。
少し高めですが、ポイントメイクにのみ使うものなので、
長期間使用することができます。

色は4色展開しているため、自分の肌に合った色を選ぶことができますね。
コンシーラーを選ぶ際には、色も重要なポイントです。

■コンシーラーを選ぶとき、使うときの注意は?

  • ニキビに合わせた色を選ぶのなら、少し黄色の強いものを選んだ方が良い
  • 肌より少し低いトーンのものを選んだ方が無難
  • 肌より暗くなっている所をパウダーで隠すと、目立たない

コンシーラーで気を付けなくてはいけないのは、その色です。
肌に馴染むような色でないと、隠したい部分が逆に目立ってしまうからです。

二キビを隠すために使うのなら、黄色の色味の強いものを選ぶようにしましょう。
ニキビ肌では、肌が全体的に赤く見えがちです。
このバランスを取るために、黄色味の強いものを選ぶのです。

他の部分にも使いたいなら、肌より少し低めのトーンのものを選びましょう。
最後にフェイスパウダーやファンデーションで隠すことができるので、
暗めがおすすめです。

明るい色だと、その部分だけ浮かび上がって見える可能性もあります。

■コンシーラーを使った後に注意することはある?

  • コンシーラーブラシは、清潔に保っておく必要がある
  • かなり肌にダメージをかけてしまうので、洗顔してケアすることが必要
  • クレンジングで肌に余計な負担を与えないように注意

コンシーラーは肌に対しての負担が大きいものです。
使用後はしっかりとケアをするようにしましょう。

まずはコンシーラーブラシです。
これは使いっぱなしは厳禁。
必ず清潔にしておくようにしてください。

アルコールを含んだウェットティッシュなどで拭うと、毎回洗わずに済みますね。
メイクを落とすときは、しっかりと洗顔して洗い流すようにしてください。

石鹸を泡立てて優しく洗ってあげると良いでしょう。
クレンジングを使う場合には、肌に余計な負担をかけないようにしてください。

ゴシゴシ強くこすると、ニキビが悪化してしまうこともあるので気を付けて下さいね。