ロアキュテインの副作用と再発率は?ニキビに効果的?

■ロアキュテインの副作用と再発した例

  • ロアキュテインは副作用も再発もありうる薬である
  • 再発率は低いと言われているが、一定の割合で再発してしまう
  • 抗生物質と比べると再発率は明らかに低くはなっている

ニキビ治療に使われるロアキュテインは、アキュテインの欧州での呼び名となります。
アキュテインでもロアキュテインでも、日本ではニキビ治療として認可されていません。

そのため、なかなかニキビ治療患者の方でも、聞いたことがないのではないでしょうか。
ロアキュテインでの治療は、
副作用が大きい代わりに再発率が低いと言われています。

ですが、実際には再発することもあります。
実は、一定の割合で再発してしまう方もいるのです。

この割合は、大体1クールの再発率は30%ほどと言われます。
これは、クールを終えるごとにだんだんと割合が低くなっていきます。

そのため、2クールを終えて再発する確率は、30%よりも低くなるのです。
この再発率は、抗生物質での治療に比べると低いものとなっています。

ただし、抗生物質とは比べ物にならないほどの副作用の可能性がありますから、
リスクに対しては再発率が高いとも言えますね。

■ロアキュテインには、どのような副作用があるの?

  • 副作用は重いものから軽いものまであるが、基本的に強く多い
  • 肌や唇の乾燥が最も現れやすいので、潤いを与えるようなケアが必要になってしまう
  • 身体の不調に気づいたら、すぐに相談する必要がある

ロアキュテインの副作用も見てみることにしましょう。
最も良く起こるのは、肌や唇が荒れてしまうことです。

これは、肌の乾燥から起こります。
唇は最も乾燥しやすい場所なので、特にケアが必要な場所でしょう。

肌の乾燥は顔だけに起こるわけではありません。
全身の肌の乾燥がありますので、
冬に治療をする場合には特にボディクリームなどが必要だと思います。

こうした肌の乾燥は自分でのケアが可能です。
ロアキュテインの治療による副作用はこれ以外にも多くあるのです。

鬱や倦怠感は精神面での副作用です。
吐き気や嘔吐、下痢、頭痛なども起こるようになります。

特にお腹の弱い人は気を付けた方が良いでしょう。
アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、
最初の服用時は特に体調を気遣ってください。

筋量の低下、爪が弱くなる、傷の治りが遅くなるなどの副作用もあります。
目に対する副作用としては、ドライアイや視神経の炎症、白内障などです。

耳にも服用作用が起こる可能性があり、
これは耳鳴りや聴力が低下してしまう現象です。

このほかにも関節の痛みや、日焼けしやすくなる、
女性の方だと生理不順などもあります。
肝臓や腎臓に対する障害がある可能性もあります。

赤血球・白血球の数が少なくなってしまうこともあります。
特に、肝臓の検査は必ず行う必要があるでしょう。

これ以外にも副作用はありますので、
服用している間は身体の不調に気を付けるようにしてください。

■ロアキュテインはそもそもどのような仕組みでニキビを治す?

  • ロアキュテインに含まれているのは、イソトレチノイン酸
  • 皮膚のターンオーバーを早める効果があり、皮脂を止めてくれる
  • 菌を殺すだけではないので、ニキビは根本的な解決をすることができる

ロアキュテインは、イソトレチノイン酸と呼ばれるものです。
ビタミンAの一種となりますが、とても強い作用を持っています。

効果としては、皮膚のターンオーバーを早める効果があります。
ニキビ患者の方の多くは、肌のターンオーバーが正常に行われていないことがあります。

こうした問題を解決することができますので、
ロアキュテインの治療は根本的な解決をすることができるものだといえるでしょう。

■日本では認可されていない理由はなぜ?どんな不便な点がある?

  • 副作用が強いため、日本では認可することができない
  • 難治性のニキビには効果的であるため、保険適用外だと効果になってしまって困る
  • 輸入することもできるが、絶対にやめた方が良い

ロアキュテインは、日本では副作用が強いために認可されていません。
なかなか治らないニキビを抱えている方には劇的な薬ですが、
残念ながら保険適用外で高価な治療となってしまっています。

個人的に輸入することは可能ですが、
副作用を考えると絶対にやめた方が良いでしょう。

■ロアキュテインを処方してくるクリニックと費用

  • ロアキュテインは保険外治療になってしまうが、病院での治療がおすすめ
  • 保険外でもロアキュテインを処方してくれる
  • 費用は基本的に高くなってしまう

ロアキュテインは日本では認可されていない薬となっています。
ですが、全く治療ができないわけではありません。

保険適用外の形になってしまいますが、病院での治療をすることができるのです。
副作用を考えると、ロアキュテインは、
絶対に病院で治療を行いたいものとなります。

保険外でもロアキュテインを処方してくれる病院は、
美容皮膚科などでニキビ治療を探すとあるでしょう。

ニキビ治療外来などが設置されている場所なら、
ロアキュテインでの治療が行われているかもしれません。

インターネットでホームページを調べてみると、
ロアキュテインでの治療が行われているか調べることができます。

保険外の治療を調べてみると良いのではないでしょうか。
ホームページを見ると、どのような内容で費用はいくらか分かります。

こうしたところでは大抵はロアキュテイン以外の治療もありますから、
まずは相談に言ってみるのも良いのではないでしょうか。

ロアキュテインの治療は、基本的に高価となります。
それでは、具体的に値段や治療内容を見てみることにしましょう。

■美容皮膚科での治療の治療内容と料金

  • 美容皮膚科「用賀ヒルサイドクリニック」での治療では血液検査がしっかりある
  • 「青山外苑前クリニック」では欧米より量や期間を減らしている
  • どちらのクリニックでも一錠の値段は高価

まずは、二つの美容皮膚科の治療内容を見てみましょう。
美容皮膚科「用賀ヒルサイドクリニック」は、
ロアキュテインでの治療を行っている医院の内の一つです。

こちらは、ロアキュテインの治療を始める前に、
必ず血液検査をする必要があります。
また、治療している間も、必ず血液検査を受ける必要があります。

割合は、二週間から一か月に一度となっています。
この血液検査は一回5100円となります。
ロアキュテインは、一錠440円となります。

この治療を16週間から24週間続ける必要があります。
この16~24週間を1クールとしています。

1クールの治療が終わった後は、
2か月しないと次のクールの治療を行うことはできません。

「青山外苑前クリニック」でも、ロアキュテインによる治療が行われています。
こちらでは、欧米よりも量を減らした治療が行われています。

投与期間も、欧米での一般的な治療より短くなっています。
これは、副作用のリスクを考えて、
より日本人の体質に合うようにしているのです。

こちらの治療では、ロアキュテインは一錠600円から1200円となります。
グラム数によって変わりますが、600~1200円の範囲内です。

■ニキビ治療専門外来のあるクリニックでの治療内容と料金

  • 「ターズクリニック新宿」では、他の療法と組み合わせて治療を行っている
  • 「サンシャイン 山口クリニック」ではグラムごとに料金が違う
  • 再診料などもいれると、やはり高価な治療になってしまう

「ターズクリニック新宿」でもロアキュテインの治療を行っています。
こちらは、副作用を下げるために、他の治療とも組み合わせて行っています。

あるビタミンも一緒に服用することで、
ロアキュテインの副作用を低くすることができるようです。
また、ニキビの炎症を抑えるような治療も行います。

こちらでは、ロアキュテインの費用は明示されていません。
初診料は、15分までは5000円となります。

「サンシャイン 山口クリニック」はニキビ治療専門外来で治療を行っています。
こちらは、半年の治療で98%ほどが改善するとあります。

治療費は、28日分で12600円から22400円です。
一錠ごとの値段も見てみましょう。
10mgでは280円、20mgでは450円、40mgでは800円となります。

■ロアキュテインの処方は保険適用外なので全体的にコストが高い

  • どこのクリニックでも安価な治療ではない
  • 全体的にコストもリスクも高いので、治療をする場合はよく考える必要がある

上述のように、ロアキュテインの治療は全体的に高くなってしまいます。
コストが高いのは保険適用外なので仕方ないでしょう。

ロアキュテインの治療は、リスクとコストの面にデメリットがあります。
よく考えて治療を行うようにしてください。

アキュテインはニキビに効果がある?副作用と再発率のまとめ

■劇薬アキュテインが認可されない理由

  • アキュテインはトレチノイン酸と言われるもので、刺激がかなり強い
  • 副作用が多いために、日本では使用が認可されていない
  • 海外では使われているので、ニキビに効果があるのは確か

アキュテインは、海外でニキビ治療に使われている薬です。
日本では名前を聞いたことのない人の方が多いのではないでしょうか。
これは実際に、日本では保険内の治療が認可されていません。

ニキビ治療には劇的に効果が出ると言われているものですが、
保険を適用することができなければ効果になってしまいますよね。

これには大きな理由があります。
ニキビには効果的ではありますが、あまりに副作用が多いのです。

そして、その副作用が強いのです。
こうした背景があって認可されていないので、
使用には躊躇を覚える人がいるかもしれません。

実際に副作用が必ずしも出るわけではありませんが、出てしまうと問題がありますよね。
副作用の中には重いものもあるので、まずは見てみることにしましょう。

■アキュテインの副作用の中にはどのようなものがある?

  • アキュテインの副作用は様々なものがある
  • 一般的に良く出てくるものは唇や肌が乾燥する、倦怠感があるというもの
  • 生理不順や白内障、肝臓への障害などかなり重い副作用もある

アキュテインによって出る可能性のある副作用は、かなり多くあります。
まずは、一般的に最も出やすい副作用を見てみることにしましょう。

それは、唇や肌の乾燥です。
唇の乾燥は特に出てきやすいものとなります。

普段は乾燥しないという人でも、
夏・冬問わずに唇がガサガサになって皮膚が剥がれてしまいます。

そのため、しっかりと唇のケアをする必要がありますね。
また、身体の皮膚も乾燥しますので、
特に顔はしっかりと潤いのケアをする必要があります。

こうしたケアは普段からしている必要がありますが、
特にアキュテイン服用中は気を付ける必要があります。

これは最も多く出てくる副作用ですが、これは軽い副作用と言えるでしょう。
次に出やすいのは、鬱、倦怠感です。

また、吐き気や嘔吐という人もいますね。
頭が痛くなったり、動機がしたりと言うこともあります。

アナフィラキシーショックを起こす人もいるので、
使用後はしっかりと自分の体調に気を付けておく必要があります。

これだけではありません。
身体の筋力が低下してしまったり、脱毛、多毛、体重減少などもあります。

もっとひどいものでは、脳卒中、白内障、聴力変化、
赤血球・白血球の低下、声変わりなどもあります。

また、肝臓に対して負担をかける可能性もありますので、
しっかりとした検査が必要です。
このほかにも、様々に病名のつく副作用が多いです。

最初に挙げた乾燥は自分でケアすることができますが、
アキュテインの副作用の多くは自己ケアではどうしようもないものばかりです。

■アキュテイン服用はどのように行えばよいの?

  • 20週間継続して薬を飲み続ける必要がある
  • 20週間のことを1クールと呼び、必要以上に飲んではいけない
  • 最初の数週間は悪化するが、1クール終わるころには難治性のニキビも治っている

アキュテインの飲み方にも注意する必要があります。
ただでさえ副作用の大きな物ですから、
飲み方はしっかりと守ることが大切です。

まずは、20週間継続して飲むことが大切です。
この20週間のことを1クールと呼びます。
必要以上に飲んではいけません。

処方された通りに飲むことにしましょう。
最初の数週間は、症状が悪化する傾向にあります。

それを越えると、だんだんと皮脂が止まってつるつるした肌になってきます。
1クールの終わりには肌がきれいになっているようです。

■海外から輸入して自分で使って良いの?

  • 海外ではニキビ治療に使われているので、自分で輸入して使うこともできる
  • ただし、副作用が大きいので絶対にやめた方が良い
  • 病院では血液検査を義務付けているほどなので、個人での使用は危険

日本では認可されていませんが、個人で輸入してアキュテインを使うことも可能です。
ですが、これは方法的に可能であるというだけです。

副作用が大きく、自分ではどうしようもないものが多いので、
病院での治療を強く勧めます。
病院では、一か月に一度の血液検査を義務付けている程です。

ニキビ以外の身体の健康管理のためにも、自己判断での使用はやめましょう。

■アキュテインを2クール飲んでも再発した例

  • アキュテインはニキビを完治させられるわけではない
  • 1クール終えた後の再発率は30%ほどであると言われている
  • クールを終えるごとに、再発率は下がっていくと言われている

アキュテインは、ニキビ治療においては劇的に効果が出ると言われています。
治療が成功した人の割合は多く、
副作用の所為でやめた例を除けばほぼ必ずニキビが治ります。

そのため、1クール、つまり20週間の服用でやめることができる人もいます。
ニキビ跡も治りますし、元々かなり強い薬なので続けて飲むことはできません。

ですが、とても綺麗な肌にはなっても、それが再発してしまっては意味がありませんよね。
実は、アキュテインによる治療は、再発する可能性もあるのです。

1クール終えた後に、ニキビが再発してしまう可能性は30%です。
30%と言うと低いように思えますが、アキュテインはリスクのある薬です。

折角治したのに、再発率が30%では、治療に踏み切るか悩んでしまいますよね。
2クールを終えても再発する人もいます。

もちろん、クールごとにだんだんと再発率は下がっていきますが、
それでも、やはり完治するわけ絵ではないようです。

■1クールを終えてニキビが再発した時はどうすれば良いの?

  • 1クール終えても駄目なら、2クール目に入ることができる
  • ただし、1クールを終えてから二か月ほどは期間をあける必要がある
  • 何クールを終えても再発してしまうのなら、実は身体に合っていないのかもしれない

1クールを終えて再発してしまった場合は、2クール目の治療に入ることができます。
この場合も、服用の仕方は変わりがありません。
2クール目でも、20週間のアキュテインの服用となります。

もちろん、病院で処方してもらっている場合には、
血液検査を受ける必要がありますね。
ただし、1クールを終えた後には必ず2か月をおく必要があります。

副作用の強い薬なので、続けて治療をすることはできないのです。
こうした期間をおいてから、次のクールの治療に入ることになります。

何度も書いているように、アキュテインは副作用の多い薬です。
何クール治療をしても再発してしまうのなら、
治療が大して効果をもたらしていないのかもしれません。

身体に良い治療法ではないので、
何度やっても再発するようなら違う治療法を試すべきですね。

■副作用・再発以外のアキュテインの欠点にはどのようなものがある?

  • 保険外治療になってしまうので、かなり高価なものになる
  • 病院にもよるが、一錠で400円から1200円するものもある
  • グラム数も違うが、高価な治療方法であることは間違いない

副作用・再発率以外にもアキュテインには欠点があります。
それはコストです。
日本では認可されていない薬なので、とても効果になってしまうのです。

病院、そしてグラム数にもよりますが、一錠400円以上するのが普通です。
場合によっては1000円を超えることもあります。

アキュテインの治療は基本的に2週間以上続ける必要がありますから、
これでは全体のコストがかなり高くなってしまいます。

さらに、副作用が出ていないか調べるために、血液検査を行う必要があります。
これは二週間から一か月に一度行う必要があり、別に料金がかかってしまいます。

全体のコストがかなり高くなりますので、副作用のリスクも考えると、
治療をためらう人が多いのではないでしょうか。

■アキュテインは効果的な薬ではあるが、かなり危険

  • アキュテインは効果が劇的に出やすい薬だと言われている
  • ただし、副作用や再発率を考えると危険なことには間違いがない
  • 副作用などのリスクを考えたうえで、病院での治療を行うようにして

アキュテインはニキビ治療には、とても効果的だと言われています。
治療が効果的である確率も高く、なかなか治らない重症のニキビにも効果的です。

ですが、その分だけリスクも大きく、副作用がかなり大きくなっています。
また、再発率も一定の確率だけあります。

保険外の治療なので、費用も高くなってしまいます。
そうした欠点やリスクも考えたうえで、治療を受けるか考える必要があるでしょう。

治療を行う場合には、必ず病院で行うようにしてください。